2010年09月04日

79. あきかぜに

(原典)
あきかぜに たなびくくもの たえまより 
  もれいずるつきの かげのさやけさ  
                        左京大夫顕輔

--------


あきかぜに.jpg


あきかぜに たなぴいさそふ えおるより

われいたるばなの かげのさやけさ



(意味)
 秋になったらエオルゼアに来なさいよと、たなぴいという人に誘われているのだが、わたしは、ずっと住み続けた美しいヴァナ・ディールの風景のほうがいいな。


(原典の意味)
 秋風にたなびいている雲の切れ目からもれ出てくる月の姿が見え隠れするのは、すばらしく澄み渡った美しい風景だなあ。




ラベル:Bismarck FF11
posted by 無名歌人 at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。