2010年06月24日

56. あらざらむ

(原典)
あらざらむ このよのほかの おもひでに 
  いまひとたびの あふこともがな  
                      和泉式部

------------------


あらざらむ.jpg


あるざびの このよのすえの ありように

われはかんせず すきるあげかな



(意味)
 敵の大攻勢のもとで、アルザビは陥落寸前だが、そんなことには全く構わずに、I系魔法連射で精霊魔法のスキル上げに勤しんでいるのだなあ。


(原典の意味)
 もうすぐ私は死にます。あの世に行く前にこの世の思い出に、あなたと逢いたいのです。
ラベル:FF11 Bismarck
posted by 無名歌人 at 06:13| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
/sh 俺のスキル上げ終わってないのに帰るな!

と獣人撤退時に叫ぶ海外のすさまじい割り切りように
清清しいものすら感じます。
Posted by Jame at 2010年06月25日 13:30
 わははは。さすがですねえ、外人さん。時々、外人さんが好きになりそうです。私自身の場合は、この歌で想定されているPCとは逆に、皇国は我が手で守らんと、ムキになりすぎて獣人撤退時に死体になっていたりします。
Posted by 無名歌人 at 2010年06月25日 18:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。