2010年06月20日

53. なげきつつ

(原典)
なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは 
  いかにひさしき ものとかはしる  
                     右大将道綱母

-------------------


なげきつつ.jpg


なげきつつ ひとりいけども あらぱごの

いかにからまれ にげきれずしす



(意味)
 誰も手伝ってくれないことを歎きつつ、移送の幻灯を一人寂しく開通させに行ったが、やっぱりアラパゴでソウルフレアに絡まれ、逃げ切れずに死んでしまったよ。


(原典の意味)
 あなたが訪ねて来てくれないことを歎きながら、一人で寂しく夜明けまで待つ時間がいかに長いものなのか、あなたにはわかりますか。



ラベル:FF11 Bismarck
posted by 無名歌人 at 17:28| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソウルフレア氏は1.5ガルカ距離まで近づいても怒らない紳士です。杖もっとオトシテクダサイ。
Posted by Jame at 2010年06月21日 01:34
 なんか目は悪っぽいですね。でもアビリティーの感知範囲は広いような気がするんですが。すこし遠めでコンポージャーを使ったら即エアロIVが飛んできました。
 紳士って・・・。Jameさんはこういう男が好みなんですか。
Posted by 無名歌人 at 2010年06月21日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。