2010年06月08日

46. ゆらのとを

(原典)
ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ 
  ゆくへもしらぬ こひのみちかな 
                     曾禰好忠

------------------------


ゆらのとを.jpg


ゆたんがを わたるたびびと いぼぢたえ

ゆくへもしらず ごぶのえさかな



(意味)
 重篤な臀部の疾患を患っていたあの冒険者は、病の苦しみに耐えながらユタンガ森林を一人で横断しようとしていたが、その後行方がわからない。ゴブリンの夜盗にでも襲われていなければいいのだが。


(重篤な臀部疾患に関連するその他の歌)
 5. おくやまに
 22. ふくからに
 39. あさぢふの


(原典の意味)
 由良川の河口を渡る船人が、舵を失ってどこかへ流されてしまうように、私の恋もこれからどうなってしまうのか、まったく見当がつかぬことよ。




ラベル:FF11 ビスマルク
posted by 無名歌人 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。