2010年06月02日

43. あひみての

(原典)
あひみての のちのこころに くらぶれば 
  むかしはものを おもはざりけり
                    権中納言敦忠

---------------------------------


あひみての.jpg


あやつられ われのこころに くらくらが

むかしのものを すべてうりけり



(意味)
 あの武器を熱烈に欲しているうちに、その武器に精神を乗っ取られ、体を操られた。そして、自分の意志に反して体が勝手に所持品を全て売却してしまった。


(原典の意味)
 あなたと契りを結んでからの、切なく悩ましい気持ちと比べると、あなたと会いたいと思っていた頃の気持ちなんて何もないのと同然です。




posted by 無名歌人 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。