2010年05月07日

31. あさぼらけ

(原典)
あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに 
  よしののさとに ふれるしらゆき 
                       坂上是則

-----------------------------------------


あさぼらけ.jpg


ほねだらけ すろうとまひと くらやみに

ようおもひだし きりしかいせん



(意味)
 ストレスマッハ状態の中で、私は急用を思い出した。そして無意識のうちにパソコンの電源を切断してしまった。


(原典の意味)
 夜明けが近くなった頃、外が明るいので有明の月でも出ているのかなあと思ったら、吉野の里に降り積もった美しい雪の明るさであった。



posted by 無名歌人 at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ランペールの墓でメリポするのがかなり好きです。
最近廃れてしまって寂しいかぎり。
しかしアトルガン地方の骨はなんであんなに
凶悪なのでしょうか?
戦闘が長引くとイーってなります(TT)
Posted by Jame at 2010年05月07日 20:45
 Jame様コメントありがとうございます。

 墓のメリポはモンクにとってはかなり楽しいと聞いています。私もモンクで墓メリポをやってみたいです。私がモンクを上げたのはごく最近なので、所謂「骨骨ファンタジー」の類は全く経験がありません。レベル上げは、75までFOVソロでいってしまいましたし、とても残念です。
 ドラウガーは、ビシージとサルで戦ったことしかありませんが、フィールドのやつは、強いんですか。たしかにフィールドでドラウガーに仕掛けているのをあまり見たことがありません。厄介なのって屍毒でしたっけ。

Posted by 無名歌人 at 2010年05月08日 01:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。