2010年04月29日

27. みかのはら

(原典)
みかのはら わきてながるる いづみがは 
  いつみきとてか こひしかるらむ
                    中納言兼輔

--------------------------------------


みかのはら.jpg


あかがにの わきてつりかつ めしうむこ

いつもおんみは こんばしするらむ



(意味)
 メシューム湖のほとりで赤い蟹に戦闘を挑んだような、そんなとても大切な時にかぎって、あなたはいつもコンバート死しているような気がする。なぜなのかまったくわからないことよ。・・・だいたい、そういうときに、なんでリレイズかけてないんだよ。しっかりしてくれないとこまるんだけど。きいてるのか。おい。おぉぃ。ぅぉぉぃ。


(原典の意味)
 みかの原に湧いて流れる泉川(いづみ川)の、「いつみ」たという言葉にもあるように、まだ出会ったことさえないあなたが、どうしてこれほどまで恋しく思えるのでしょうか。



posted by 無名歌人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。