2010年03月11日

9. はなのいろは

(原典)
はなのいろは うつりにけりな いたづらに
  わがみよにふる ながめせしまに 
                    小野小町

----------------------------------------


はなのいろは.jpg


はなのあなに うるしをつめた いたづらに

もぐみもだえする ながめをかしき


(意味)
 モーグリの鼻の穴に面白半分に漆をつめてみた。かゆみで身もだえするモーグリを眺めるのはなんとも趣があることだなあ。


(原典の意味)
 長雨が降っている間に、すっかり花の色が色あせてしまいましたよ。わたしも同じように、在原業平公にうつつをぬかしているうちに時間が過ぎてすっかり色あせたオバサンになってしまいましたよ。




posted by 無名歌人 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。