2010年03月09日

8. わがいほは

(原典)
わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ
  よをうぢやまと ひとはいふなり  
                    喜撰法師

---------------------------------------


わがいほは.jpg


あらぱごは みやぶりかんち いかぞすむ

よぶらたのしき あとはいふかま



(意味)
 経験値かせぎをするならアラパゴ諸島のソウルフレアがお勧めだ。また、アルタユのヨヴラは狩っていてとても楽しいし、さらに付け加えるならばイフリートの釜も狩場として捨てがたい魅力がある。


(原典の意味)
 わたしは、都の南東に簡素な家をたてて、このようにのんびり暮らしているのに、世の中の人達に、世間を疎んじて宇治山(憂しやま)にひきこもっているかのように言われてしまったよ。



posted by 無名歌人 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。