2010年02月27日

2. はるすぎて

(原典)
はるすぎて なつきにけらし しろたへの
  ころもほすてふ あまのかぐやま
                   持統天皇

--------------------------------------


はるすぎて.jpg

はですぎる てきをけちらし しろへたの

ころせほすてす あまのむらくも



(意味)
 過度に厚化粧したキャバクラ嬢のように派手な敵だった。味方の白魔道士はほとんど回復してくれなかったが、わたしの両手刀は見事に敵を蹴散らした。なんとすばらしいことよ。






ラベル:FFXI ビスマルク
posted by 無名歌人 at 01:49| Comment(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。