2010年05月31日

42. ちぎりきな

(原典)
ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ 
  すゑのまつやま なみこさじとは 
                     清原元輔

--------------------------------


ちぎりきな.jpg


ちぎれにき かためのそうび つかひしが

すぱいくふれいる なめたればなる



(意味)
 防御力重視の装備を選択して望んだが、粉々に千切れ飛んだ。あの技を舐めて掛かったからなのだなあ。


(原典の意味)
 感動の涙でお互いの袖をぬらしながら、あのときに堅く約束しましたよね。末の松山を決して波が超えることはないように二人の心は永遠に変わらないと。それなのになぜ別れるのですか。



posted by 無名歌人 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

41. こひすてふ

(原典)
こひすてふ わがなはまだき たちにけり 
  ひとしれずこそ おもひそめしか 
                    壬生忠見

----------------------------------


こひすてふ.jpg


こひかてふ わがなさんらく たちたるは

ひとしなすこそ おもしろしかな



(意味)
 おぬし花鳥風月に来てみんか。わしの名前はSanrakuで、いつもここに立っておる。おぬしたちのような馬鹿な冒険者が無謀な挑戦をしてバタバタ死んでくれるのがほんとうに面白くて、わしはこうやってトリガーを渡す仕事をずっと続けておるんじゃよ。


(原典の意味)
 私が恋をしているという噂がもう立ってしまったよ。人にわからないようにこっそりと想いを抱いていたのに。



posted by 無名歌人 at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

40. しのぶれど

(原典)
しのぶれど いろにいでにけり わがこひは 
  ものやおもふと ひとのとふまで 
                     平兼盛

----------------------------------


しのぶれど.jpg


しるぶれを いわにうてども いみはなし

ものやおもふと とふまでもなく



(意味)
 シールドブレイクを岩に撃ったが、全く意味のないことであった。「これは、ただの物や。生き物やない。」と心の中で思った。それは他人に聞くまでもないことであった。


(原典の意味)
 好きな人がいることをずっと黙ってきたのだけれど、そのことが顔にでてしまい、「恋でもしているのかい」と人に聞かれるようになってしまったよ。



posted by 無名歌人 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

39. あさぢふの

(原典)
あさぢふの をののしのはら しのぶれど 
  あまりてなどか ひとのこひしき 
                     参議等

---------------------------------


あさぢふの.jpg


くさぢるの をののしりから しみでても

あまりてなどで さはるべからず



(意味)
 悪臭のする液体がそこから分泌したからといって、むやみに手などで触ってはいけません。感染症が進行してさらに悪化するおそれがありますので・・・


(重篤な臀部疾患に関連するその他の歌)
 5. おくやまに
 22. ふくからに


(原典の意味)
 背丈の低いチガヤ(イネ科の植物)が生えている篠原の「篠」という言葉のように、わたしはあなたへの恋をじっと忍んできたのですが、もう限界です。どうしてこんなにあなたのことが恋しいのでしょうか。



posted by 無名歌人 at 08:15| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

38. わすらるる

(原典)
わすらるる みをばおもはず ちかひてし 
  ひとのいのちの をしくもあるかな 
                      右近

----------------------------------


わすらるる.jpg


たるたるの みをほおばりて くひちぎり

ひとのえだにく をいしくあるかな



(意味)
 タルタルの肉を食べてみたらとてもおいしかった。ヒュームの肉はおいしいのだろうか。


(原典の意味)
 あなたに忘れ去れてしまう私自身のことについては私はなんとも思いません。でも、私との愛を誓ったあなたが誓いを破ったが故に天罰を受け、落とすことになるあなたの命がとても惜しく思われるのです。



posted by 無名歌人 at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。