2010年04月29日

27. みかのはら

(原典)
みかのはら わきてながるる いづみがは 
  いつみきとてか こひしかるらむ
                    中納言兼輔

--------------------------------------


みかのはら.jpg


あかがにの わきてつりかつ めしうむこ

いつもおんみは こんばしするらむ



(意味)
 メシューム湖のほとりで赤い蟹に戦闘を挑んだような、そんなとても大切な時にかぎって、あなたはいつもコンバート死しているような気がする。なぜなのかまったくわからないことよ。・・・だいたい、そういうときに、なんでリレイズかけてないんだよ。しっかりしてくれないとこまるんだけど。きいてるのか。おい。おぉぃ。ぅぉぉぃ。


(原典の意味)
 みかの原に湧いて流れる泉川(いづみ川)の、「いつみ」たという言葉にもあるように、まだ出会ったことさえないあなたが、どうしてこれほどまで恋しく思えるのでしょうか。



posted by 無名歌人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

26. をぐらやま

(原典)
をぐらやま みねのもみぢば こころあらば 
  いまひとたびの みゆきまたなむ  
                       貞信公

-----------------------------------------


をぐらやま.jpg


これでやめ しねばれべるが さがらめば

いまのそうびは なにもつけれず



(意味)
 また死んだら私は丸腰になってしまいます。申し訳ないのですが今日はこれで勘弁してくれませんか。ねえ頼みますよ。


(原典の意味)
 小倉山の紅葉よ。もしお前が心というものを持っているのならば、次の行幸の時まで散らずにまっていてくれないだろうか。




posted by 無名歌人 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

25. なにしおはば

(原典)
なにしおはば あふさかやまの さねかづら 
  ひとにしられで くるよしもがな 
                      三條右大臣

---------------------------------------


なにしおはば.jpg


なぜそをつる かふちふやまの つりへたれ

むしにつかれて くるしもだえし



(意味)
 どうしてそれを釣るのか。天啓の岩で、レベル上げをしていたら釣りがとても下手であった。取り憑かれたように甲虫が次々にリンクして、散々だったことよ。


(原典の意味)
 「逢坂山のさねかずら」が女と「逢って」さらに「寝る」という名前を持っているのなら、その蔓をたぐるなりして、人に知られずにこっそりとあなたに逢ってさらに寝る方法があれば知りたいものだがなあ。




posted by 無名歌人 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

24. このたびは

(原典)
このたびは ぬさもとりあへず たむけやま 
  もみぢのにしき かみのまにまに  
                    菅家

---------------------------------------


このたびは.jpg


このわざは きせばとりあへず うしろむけ

もしさけざらば かあずなぶりぶり



(意味)
 この技がきたら、とりあえず後ろをむきなさい。もし避け損なったら、カーズナをどんどんもらいなさい。


(原典の意味)
 今回の旅はあまりにも急なことだったので、神様への供物を準備することができませんでした。手向山の神様にはかわりにこのすばらしい紅葉の風景を捧げますので、どうか心のままお受け取りくださいますようお願い致します。



posted by 無名歌人 at 18:15| Comment(2) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

23. つきみれば

(原典)
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ
  わがみひとつの あきにはあらねど  
                   大江千里

---------------------------------------


つきみれば.jpg


すしくへば すぐにしぬこそ かなしけれ

わさびたかすぎ ほかにはあらねど



(意味)
 値段の高い寿司を食べたときに限ってすぐに死んでしまうのでとても悲しい。そもそもねりわさびが高すぎる。でも寿司以外に選択肢がないのは困ったものだ。


(原典の意味)
 秋の月を見ていると、たくさんのことが思い浮かび、そして悲しく思えてくる。わたし一人に秋が訪れたわけではないのだけれど。
 そして、そんな秋の夜にわたしは一人で過ごしているわけだが、なんて寂しいことなんだろう。大好きなあなたと一緒にこの夜を・・・





posted by 無名歌人 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | FF11百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。